株式会社 但馬銀行(兵庫県播磨エリアの支店での採用)

業種:銀行・証券 / 信金・労金・信組

資本金:54億8,137万円売上高:預金残高 1兆337億円(令和2年3月期)  貸出金 8,576億円(令和2年3月期)従業員数:628名 (令和2年3月現在) 
  • 最終更新日:2021/11/12

興味を持ったらすぐにアクション!

ISエントリー ISエントリー
インターンシップ情報

兵庫県唯一の地方銀行。播磨の支店の募集です!

兵庫県に地盤を置く唯一の地方銀行としてのプライドを胸に。

但馬銀行は、明治30年の創業以来、兵庫県を基盤とする唯一の地方銀行として、地域の皆さまから、「最も支持・信頼される銀行」を目指しています。

また、創業以来、堅実経営を信条に、兵庫県を代表する地域金融機関として、地域産業の育成・発展に貢献してまいりました。

今後も、兵庫県下にある65店舗の広域ネットワークを活かし、兵庫県に根差した地方銀行・但馬銀行だからこそできることを追求し、全職員が強いチームワークと行動力で地域のみなさまから最も信頼される銀行を目指していきます。

近年では、地方創生の推進に向けて地域の行政機関等との連携を強化すると共に、円滑な資金供給に取り組み、地域経済の活性化に努めています。

さらに農業、環境・エネルギー、医療・介護、観光など今後の成長が期待できる分野については、地域の雇用確保に繋がる新たな事業を創出・育成し、地域全体の成長に貢献できるよう全力を尽くしていきます。

採用担当者からのメッセージ

会社説明会、採用面接の際に、経済学部ではないですが…、簿記の資格をもっていませんが…といった不安をよく耳にしますが、そんな不安・心配は必要ありません。当行は、人物重視の採用を行っており、さまざまな学歴の方が性別に関係なく、活躍しています。仕事で必要な知識・スキルは、入行後、さまざまな学習支援制度により身に付けることが可能です。自分が生まれ育った地元・兵庫に貢献したいという思いがあれば、大丈夫です。先輩・上司のサポートもあり、アットホーム的な雰囲気が魅力の一つです。銀行は敷居が高いと思わず、まずは、会社説明会で当行の職員とお話しされてはいかがでしょうか。素朴な質問にもお答えしますので、気軽に当行ブースにもお立ち寄りください。
合同説明会以外の会社説明会も実施しています。会社説明会の詳細、エントリーの方法については、当行のホームページで確認してください。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年よりも短期間での研修となりましたが、グループワークを通じて、同期同士のつながりも出来ました。また、先輩職員との座談会もあり、会社の風通しのいいアットホームな雰囲気を感じることが出来ました。

但馬銀行は、職員個々はもちろん、支店全体のチームワークの良さで、お客様をサポートします。
一人では解決できないことも、先輩社員・支店長のサポートの元、着実に力を見つけることができます。些細な事でも相談・質問でき、日々の仕事がとても充実しています。

事業内容 兵庫県に本店を構える唯一の地方銀行として、普通銀行業務全般(預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務など)を行っています。
本社所在地

〒668-8650

兵庫県豊岡市千代田町1-5

大きな地図で見る

事業所 68店舗(兵庫県下65店、大阪府下1店、京都府下2店)
ローンセンター 11カ所
設立 1897年(明治30年)11月11日
代表者 取締役頭取 坪田 奈津樹
資本金 54億8,137万円
売上高 預金残高
1兆337億円(令和2年3月期)

貸出金
8,576億円(令和2年3月期)
従業員数 628名 (令和2年3月現在) 
平均年齢 37歳

意欲・能力のある優秀な職員については、年齢や性別にとらわれることなく、役職・管理職に積極的に登用しています。実際に30代で支店長に登用された男性行員や、女性の支店長も活躍しています。
平均勤続年数 14年
主な取引先 地方公共団体、中小企業、個人のお客様
問い合わせ先 人事部 採用担当/0796−24−2115
住所/兵庫県豊岡市千代田町1-5
E-Mail jinji@tajimabank.co.jp

興味を持ったらすぐにアクション!

ISエントリー ISエントリー
インターンシップ情報

但馬銀行にISエントリーしている方は、以下の企業にもISエントリーしています。
世界トップクラスの日本の製造業を私たちがバックアップしています!
創業53年、景気に左右されにくい会社です【兵庫WLB表彰W受賞、くるみん/ユースエール/えるぼし認定企業】
地域で最も信用、信頼される金融機関をめざして 
「すべてを郷土繁栄とともに」を110年続けてきました。

このページのトップへ▲