• 積極的に受付中

社会福祉法人 コロロ学舎加古川

業種:教育 / 介護・福祉サービス

資本金:社会福祉法人のためなし売上高:社会福祉法人のためなし経常利益:社会福祉法人のためなし従業員数:50名程度
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 留学生可
  • 最終更新日:2022/08/18

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリー
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら!

いつでも・どこでも・だれとでもを育む仕事です

みなさんも、一度は「発達障害」「自閉症」という言葉を耳にされたことがあるのではないでしょうか?

コロロは、その自閉症や発達障害のある方が、いつでも・どこでも・だれとでも過ごせるように集団療育に取り組み続けてきました。そのきっかけは37年前。理事長自らが一人の自閉症の少年と出会ったことからでした。当事者やご家族と接していくなかで、彼らが人間らしく社会の中で豊かな生活が送れるようにサポートしていくことが自身のライフワークだと気づいたのです。

理事長が独自に開発した「コロロメソッド」というプログラムを実践し、全国各地で一般的には難しいとされている集団療育を成功させ、今では多くのご家族から信頼を寄せていただいております。

2020年春、兵庫県加古川市で障害者支援施設の開所が実現しました!これも保護者の方々が施設の設立協議会を立ち上げ、行動してくださったからこそ。他の地域でも同様の協議会が発足しており、コロロの施設建設を求めてくださるご家族の声に応えていくことこそが、私たちコロログループの夢であり目標です。

脳科学の観点に基づいた療育支援を行っていただきます!コロロオリジナルの療育支援技術なので、福祉を学んでいなくてもOK!

実際に行っていただくお仕事は、ダイナミックリズムを通した療育支援や(集団運動音楽療法)発語指導、学習指導、個別支援計画のモニタリングや学会発表や行事起案など様々。
ただ生活のサポートをするだけでなく、療育指導を通して利用者様と一緒に自分も成長できる環境です。

コロロには「本気で人のためになりたい」という熱い思いを持ったスタッフが集まっています!

支援は常にチームで行うので、分からない事があればすぐに誰かに相談できる環境です。20代の職員・利用者さんが多く、年が近い先輩職員に気軽に話せるのもチームワークの良さの秘訣です!また、施設長は20年以上現場支援の経験があるので現場の声を大切にして下さいます。
施設長から1年目職員まで、「利用者さんのより良い人生の為に」本気で仕事に向き合うプロ集団です!

★社名の由来 「小さな水滴も集れば大河になる」「障害児教育を切り拓いてきた先人の踏み跡(小路)をたどりつつ、新たな道を切り拓く」といった意味から「小さな露の路(みち)」「小露路(コロロ)と名付けました。また、1999年に東京でコロロ初の入所施設を立ち上げた際には、成人期以降の生涯学習の場という意味を込め「コロロ“学舎”」と名付けました。

コロロ学舎加古川もこの意思を受け継ぎ、「コロロ学舎」の名前を頂きました。
★コロロメソッドとは? 私たちは、コロロメソッド(コロロ独自の脳科学に基づいた療育技術)を実践しています。体験利用の1日で、3分もじっと座れなかった方が、30分着席できるようになる。医者から「発語は無理です」と宣告されたお子さんがコロロに1年通って発語できたなど、嬉しい瞬間に立ち会えます。療育現場で効果があったプログラムを理論的にまとめ、実践しています。
★保護者との強い絆 コロログループでは1983年の創業以来、障害の重さを理由に他施設では利用を断られてしまうような、対応が困難な方を優先的に受け入れてきました。「コロロしか頼れない」というお声をいただくことも多く、その期待に応えることが私たちの使命だと考えています。
社会福祉法人コロロ学舎加古川も保護者の方のご期待に応えるべく、まずは利用者の皆様が健康で穏やかに生活していただけるよう尽力し、その生活の様子を保護者の方や地域の皆様に知っていただくことでより強固な信頼関係を築いていきたいと考えています。
事業内容 生活介護事業所・短期入所(併設型)
「加古川遊館」

共同生活援助(グループホーム)
「風翠(かざみどり)」

相談支援事業所
「こかげ」

2020年4月、兵庫県加古川市で上記施設がオープン!


私たちは、コロログループとして「誰一人として排除しない」を理念に掲げて、自閉症や発達障害のある方へ療育支援を行ってきました。また、ご家族のカウンセリングや教材の出版、療育の成果指導技術の講演活動や研究発表等の啓蒙活動にも注力してきました。

コロロ学舎加古川でも、療育支援だけでなくご家族ケアや啓蒙活動も展開していきます。
本社所在地

〒675-0321

兵庫県加古川市志方町志方町1611-3

TEL : 079-453-2221    FAX : 079-453-2220

大きな地図で見る

事業所 加古川遊館(2020年4月オープン)
 ■生活介護事業
 ■短期入所(ショートステイ)【併設型】

風翠(2020年4月オープン)
 ■共同生活援助(グループホーム)

こかげ(2020年4月オープン)
 ■相談支援事業所

設立 2018年11月
代表者 理事長 石井聖
資本金 社会福祉法人のためなし
売上高 社会福祉法人のためなし
経常利益 社会福祉法人のためなし
業績推移 社会福祉法人のためなし
従業員数 50名程度
平均年齢 29.7歳

施設は利用者様のお家です。

自分の家以上の生活環境を提供することが私たちプロの仕事です。季節感の理解のためにも生花を飾り、職員にはネイルやピアス等のオシャレを推奨しています。

ガッツリ働いてガッツリ休む!そんなメリハリある社会人生活はいかがですか?

平日休みがある、希望休が出しやすい、何でもない時に3連休がある等シフト勤務ならではのメリットを活用し、休日は思いっきり遊ぶ職員もいます♪

問い合わせ先 社会福祉法人コロロ学舎加古川 採用担当
山崎安敦、森あゆ美

〒675-0321
兵庫県加古川市志方町志方町1611-3

TEL:079-453-2221
E-Mail saiyo@kololo-kakogawa.or.jp
交通機関 ◆社会福祉法人コロロ学舎加古川 法人本部 
  JR 宝殿駅 から かこバスミニで「しかた子ども園前」下車 徒歩1分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリー
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら!

コロロ学舎加古川にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
視る!魅られる!を創出するのがルックワン☆
「コスモライフを選んで良かった」を、一緒につくってください。
私たちは、たまごの未来を創造するため、日々たまごに全力を注いでいます。
大手SIerに負けないソリューションを武器に、いざ、上場へ。

このページのトップへ▲