お知らせ

株式会社ツボサカ精工

業種:メーカー(自動車・輸送用機器)

資本金:1,000万円売上高:35億2,000万円 (2020年5月期)従業員数:96名 (2021年2月時点)
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2021/07/16

興味を持ったらすぐにアクション!

ISエントリー ISエントリー
インターンシップ情報
ホームページリンク ホームページはこちら

世界から信頼される高精度な加工技術。社員を大切にし、働きがいのある職場づくりを目指しています。

インフラ整備や災害復旧で活躍する油圧ショベル、農業機械、クレーン…。これらの建設機械や産業機械を動かすために欠かせない油圧機器部品には、ミクロン単位の高精度な加工が要求されます。
私たちツボサカ精工は、最新鋭の5軸加工機、マシニングセンタ、NC旋盤などの工作機械や産業用ロボットを導入し、川崎重工業をはじめとする大手グローバル企業と直取引。その技術力の高さは、世界トップ3のひとつである中国の建機メーカー・三一重工からも大きな信頼を得ています。

1個たりとも不良品をつくらない。絶対、後工程に不良品を流さない。異常を見抜く厳しい眼を持ち、要求に応えること。油圧機器部品の不良品によって大型機械が機能不全に陥ると、安全性が損なわれて人の命にも関わるため、責任をもって製品づくりに取り組んでいます。

そして、もうひとつ私たちが誇れることは、社員同士の仲がよく、毎日楽しく働いていることです。「ツボサカ精工の好きなところは?」の質問には、ほとんどの社員がそう答えます。新卒定着率100、勤続年数10年以上の社員も20名います。私たちは、社員一人一人の安全と健康を考え、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の充実に向けての努力を惜しみません。
今は受注生産が主ですが、いつかTSUBOSAKAブランドのオリジナル製品をつくりたい。それが私たちの目標です。AIに負けない専門性の高いスキルを身につけ、私たちと共に成長していきませんか?

採用担当者からのメッセージ

教育環境は充実していますので自己研鑽できます。高度なプログラム加工や産業用ロボットの取扱い、ミクロン単位の高精度な研磨加工など、多岐にわたる業務内容にゼロから挑戦していける気概を持った人材を希望しています。
若い従業員が多く、活気あふれる職場です。ソフトボールやバレーボール、サッカーなどの社外のスポーツ大会への参加や新入社員歓迎会、社員旅行、忘年会、ゴルフコンペなどの社内親睦行事もたくさん行っています。
ぜひ一緒に、ツボサカ精工で、世界で活躍するモノづくりに情熱を燃やしましょう!

アピールポイント ◆創業55年を超える実績
◆ミクロン単位の高精度で高品質な加工技術

◆従業員の平均年齢34才
◆産休・育休取得実績あり
◆充実した福利厚生(各種保険加入、家族手当・通勤手当、特別休暇、弁当給食費用補助、冷房完備、制服貸与、年1回の慰安旅行、健康診断費用全額補助、インフルエンザ予防接種費用補助、姫路きょうさい加入、契約保養所(マリントピアリゾート)利用可能、iDeCoプラス等)

◆自動車通勤可能・通勤手当支給

◆機械加工技能士(国家資格)資格取得者多数
◆ひょうご仕事と生活の調和推進企業認定(2019)
◆健康経営優良法人認定(2019、2020、2021)
経営方針 人材育成 豊かな職場 社会貢献
基本理念 顧客の期待とニーズに対し、全ての点で満足を得る製品を提供することによって、社会に貢献するとともに、豊かな職場づくりを目指し、社員と社会の繁栄に寄与します。
社名の由来 1964年、「壷阪鉄工所」として創業。1985年株式会社を設立時、より精密な加工に挑戦していきたいという想いを込めて、「ツボサカ精工」と名づけました。
歴史 「壷阪鉄工所」時代は、農機具の部品を普通旋盤・フライス盤で加工していました。1977年にNC旋盤が開発されてより複雑な加工が可能になり、大幅に生産性が向上。当時のNC旋盤は、プログラムを作成し、せん孔機で黒の紙テープに打ち込み、NC装置に読ませて動かす、画期的な機械でした。その後、フライス盤、マシニングセンタ、その他の工作機械も次々とNC化。常に先進技術を取り入れ、お客様の高度な要求に応える姿勢は今も変わりません。
事業内容 建設・農業機械、クレーン等の油圧機器部品の製造
 (1)マシニングセンタ・NC旋盤・NC研磨盤の操作、製品の脱着作業、加工プログラムの作成等
 (2)組立運転作業
 (3)三次元測定器等を使用しての検査作業
 (4)製品の受注・発注業務
精密機械加工を主とし、高い精度が求められる建設機械、農業機械、クレーン等の油圧機器や産業用機械のコアパーツの製造を行なっています。製品の品質・技術の向上をはかる為、機械設備や産業用ロボットを導入し、ミクロン単位の高精度と高品質でお客様の満足する製品を提供し、高い信頼をいただける様努めています。
本社所在地

〒679-2166

兵庫県姫路市香寺町中村745番地15

TEL : 079-265-2298    FAX : 079-232-8000

大きな地図で見る

※才加工場の地図です。
事業所 本社工場:兵庫県姫路市香寺町中村100番地1
才加工場:兵庫県姫路市香寺町中村745番地15
設立 1985年(昭和60年) 6月 3日
代表者 代表取締役 壷阪 政和
資本金 1,000万円
売上高 35億2,000万円 (2020年5月期)
従業員数 96名 (2021年2月時点)
平均年齢 34.3歳
平均勤続年数 8.9年
沿革
1964年8月24日
壷阪政吉が神埼郡香寺町中寺222において壷阪鉄工所を創業、農機具部品加工の仕事を始める。
1977年4月
NC旋盤を導入し、機械のNC化を進める。主にスパイラルギアーの旋削加工をする。
1984年12月
マシニングセンター第1号機を導入。
1985年6月
株式会社ツボサカ精工設立。資本金500万円。
壷阪政吉が代表取締役に就任する。
1987年5月
神崎郡香寺町中村100-1に新工場(本社工場 698.76m2)を建設する。
1988年2月
川崎重工業株式会社殿と取引を開始する。
1990年8月
資本金を1,000万円に増資する。
1996年8月
壷阪政吉が代表取締役を退任し、会長に就任。
壷阪政和が代表取締役に就任する。
2001年5月
本社工場の増設工事(1,698m2)を行う。
2004年4月
ISO9001 認証取得。
2005年1月
香寺町中村745-15に才加工場を新設する。
2009年1月
才加工場に倉庫(544m2)を増設する。
2010年3月
福崎町東部工業団地 8号地(16,428.99m2)を取得。
2012年6月
神戸環境マネジメントシステム(KEMS) 認証取得。
2016年3月
才加工場増設工事(北工場585m2)を行う。
2018年3月
才加工場敷地内に本事務所棟(834m2)を新設する。
2018年10月
協会けんぽ 「わが社の健康宣言」 に登録。
2018年10月
ひょうご仕事と生活センター 「ひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言」 に登録。
2018年11月
兵庫県 「健康づくりチャレンジ企業」 に登録。
2019年2月
「健康経営優良法人2019」に認定。
2019年9月
「ひょうご仕事と生活の調和推進企業」に認定。
2020年2月
「健康経営優良法人2020」に認定。
2021年3月
「健康経営優良法人2021」に認定。

興味を持ったらすぐにアクション!

ISエントリー ISエントリー
インターンシップ情報
ホームページリンク ホームページはこちら

このページのトップへ▲